×

CATEGORY

CONTENTS

HOME»  今月の店頭セール

今月の店頭セール


「ゴールデンウィークは村上珈琲のコーヒーで」セール 4月25日から5月24日まで
5月1日(水)、13日(月)、20日(月)、27日(月)お休みさせていただきます。

 


お知らせ
5月1日水曜日お休みさせていただきます。

先日 私村上博栄がJ.C.Q.A.コーヒーインストラクター検定インストラクター講師に受かりました。
デザインが微妙に違う講師専用ブローチです。

 

講師専用ブローチ

超特価
カリタ セラミックスリムミル

コンパクトで落としても壊れにくく丸洗いもできる
アウトドア用や予備のミルとしても最適

5,500円が2,580円


 

夏本番の前に水出し器具の特価
ハリオ 雫

600ml 約1時間
早くて味も良い。店長お勧め。

5,500円が3,980円


イワキ ウォータードリップコーヒーサーバー

500ml 約2時間
そこそこ早く、味も良いが、耐久性に難ありか。

2,200円が1,580円


ハリオ フィルターインコーヒーボトル

650ml 約8時間
楽。味は少しまったりとしている。

2,500円が1,580円


お茶用フィルターインボトル

750ml 約3~6時間
ペットボトルとの差たるや。

2,000円が1,380円


ハリオ 水出し珈琲ポット

1000ml 約8時間
当店で最初にお勧めした水出し商品。珈琲の使用量が多いところが難。当店にとってはありがたいのですが・・・。

1,500円が934円


毎年この季節販売し、好評をいただいている
「キリマンジャロ マサマ」ゼリー。

ゼリー210g 1ヶ298円 12ヶ2,980円


売り切れ御免
グァテマラ アンティグア サンタバーバラW ヌーボー(新豆)

コーヒーの生豆は、通常船便で来るため日本のお店に来るまで2~3ヶ月かかりますが、ヌーボーは航空便のため2~3週間で来るので、普通では味わえない収穫したてのコーヒー本来の味をお楽しみいただくことができます。
新豆ならではの強い香りがあり、グァテマラならではの軽やかなビターチョコレートのような甘味があります。
お好みの焙煎(味)にいたします。

100g 640円
200g 1,080円
500g 2,480円


今月の義援金付きコーヒー
モカ マタリ バニマタル N

現在イエメンの政情不安により入手困難になっているモカマタリ。入手困難だからこそ特価にて提供致します。マタリの最高峰と言ったらやはりこれか。イエメンのバニマタル地区で栽培されているマタリコーヒーの最高級品。
マタリコーヒーの良いところだけを集めたようなコーヒーです。ベリー系の甘味と強い香りがなんともいえない、他にはない味わいのコーヒーです。
お好みの焙煎(味)にいたします。

100g 750円が680円
200g 1,400円が1,280円
500g 2,900円が2,780円


激安スペシャルティコーヒー其一
ブラジル イエローカツーラ PRESENTE DO SOL N

ブラジルミナスジェライス州標高1500m~1600mに位置する2~3haの200ほどの小農家のコーヒーチェリー買取り、PRESENTE DO SOLミルにて精選されたコーヒーです。
ダークチョコレートのような風味と甘みを伴う柔らかな酸味があります。
お好みの焙煎(味)にいたします。


200g 640円
500g 1,380円


激安スペシャルティコーヒー其弐
コロンビア ASORCAFE W

コロンビアの首都ボゴタの南東に位置する標高1700m程のペドレガル産のコーヒーが70%、サンアントニオ産が30%のブレンドコーヒーです。ASORCAFEは2.5haほどの小規模生産者達による協同組合です。
オレンジを思わせるフレッシュジュースの香味を伴う白ワインのような味わいがあり、明るい酸味と、明るい口当たりが特徴的です。
お好みの焙煎(味)にいたします。


200g 640円
500g 1,380円


激安スペシャルティコーヒー其参
メキシコ エル レティロ農園 W

メキシコチアパス州標高1500m~1750mに位置する農園で栽培されております。
コーヒーの有名な賞であるカップオブエクセレンスも受賞するなど丁寧に生産されております。
華やかな香りがあり、リンゴを思わせるフルーツ感とキレのある酸味があり明るい口当たりです。
お好みの焙煎(味)にいたします。


200g 640円
500g 1,380円


今月の厳選有機栽培コーヒー
グァテマラ エル・カツアイ農園W

カツアイというグァテマラ発祥の品種の名前を付けた農園で栽培されているコーヒーです。
ピスタチオを思わせるナッツ香とほのかな渋みを伴ったグレープフルーツのような酸味があり、中米産のコーヒーとしてはボディも十分あります。
お好みの焙煎(味)にいたします。


200g 900円が750円
500g 1,800円が1,580円


今月のケニヤンアイスコーヒー
ケニア ティンガンガ農園 W フルシティロースト

ケニアキアンブ地区にある農園で栽培されているコーヒーです。
ケニアの農園ものでこの価格は、とってもお買得です。
アイスコーヒー用のフルシティローストとの違いをお試しいただいても面白いと思います。
とても芳醇な柑橘系の香りがあり、ケニアらしい重厚感のある口当たりと、レモンのような爽やかな酸味を伴う甘味があります。
お好みの焙煎(味)にいたします。


200g 1,000円が840円
500g 2,000円が1,780円


アイスコーヒーブレンド

アイスコーヒーだけでなく、エスプレッソやカフェオレなどにも最適です。
このビターな味わいは他ではありません。
苦すぎるという方には「カプチーノブレンド」や「フレンチカフェ」も販売しております。


200g 530円
500g 1,180円


今月の深煎り(苦味)コーヒー
シャロン×ムラカミ ブラジルN フレンチロースト

クセのないシンプルな苦み。
個性的でない苦味がお好きなお客様にはとってもお勧めです。


200g 800円が640円
500g 1,600円が1,380円


今月の激安ワンコインコーヒー
ホテルブレンド6

ニカラグアを使用したスッキリとしたクセのない軽やかなブレンドです。

270g 463円(参考税込価格500円)
600g 926円コーヒー(参考税込価格1,000円)


ブラジルの精選方法の違いが判る
飲み比べ3点セット

ブラジル ペルシードPN
ブラジル ショコラN
スペシャルブレンド
マイルドビターブレンド
アフリカンビターブレンド


200g×3 計600g 1,280円 1ヶ498円
500g×3 計1500g 2,980円 1ヶ1,080円


<店長のどーでもよい話>


生産国について 其二
 続きです。前回「グァテマラ アンティグア サンタバーバラ ヌーボーW」は概ね「グァテマラらしい味のものが多い」と思い込んでいると書きましたが、今回はこの説明をさせていただきます。「グァテマラ アンティグア サンタバーバラ ヌーボーW」はグァテマラのアンティグア地区で栽培されているコーヒーなのですが、「グァテマラ アンティグア」は国内では特定銘柄とされております。特定銘柄とは、消費者庁及び公正取引委員会が公正競争規約として認定し、レギュラーコーヒー、インスタントコーヒーは全日本コーヒー公正取引協議会がルール作りを行っています。
 何を言っているのかよくわからないと言われそうなのでかみ砕いて言いますと、グァテマラと言ったらアンティグアという刷り込みが私にはあるということです。私だけではなく中米産の特定銘柄はこれだけですので、多くの方があたかも高級であるかのような錯覚をしてしまっているのではないでしょうか。違っていたらすいません。
 確かに、一昔前まではグァテマラと言ったらアンティグアのイメージがありましたが、昨今ではそんなことはありません。
 まとめますと、中米産でよく口にするのはグァテマラ。その中でもアンティグア。こうなりますとごく限られた地域のコーヒーを飲んで「グァテマラらしい」などと大きな勘違いをしてしまうこととなります。
 最後に余談ですが、サンタバーバラは精製所の名前でして、毎年バラバラの農園の可能性が高いです。農園と記載されているところが多いですが…。